ゴミの収集日になると、収集場に置かれたゴミ袋が引き裂かれて中身が散乱している・・・

という光景を目にしたことはありませんか?

今回は野良猫がゴミを荒らしてしまう理由と被害、その対策についてご紹介いたします。




野良猫がゴミを荒らす理由

生ゴミは野良猫の食料になる

生ゴミの中には料理をした際にトレイに残った生肉や魚の破片、腐った加工食品、食べ残しなど、さまざまものが含まれていますが、これらは野良猫にとって食料となります。

野良猫は飼い猫と違い、少々腐ったものでも平気で食べてしまいます。生ゴミを漁り、食べ物にありつけることを経験した野良猫は、それを覚えてしまうため、同じ場所に同じ袋が置いてあれば必ず漁るようになります。

狩りをせずに食べ物が得られるゴミの収集日は、野良猫にとって食料を得る絶好のチャンスなのです。

また、猫の嗅覚は人の数万倍~数十万倍であると言われているため、野良猫は生ゴミの臭いを遠くから感じることができます。

前途したように、生ゴミの中には猫が好物とする食べ物がたくさん入っていますから、その臭いを嗅ぎ分けて、人がいなくなった隙を狙ってゴミを漁り、食べてしまうのです。

生ゴミが猫の食料となる虫を呼び寄せる

生ゴミは、猫以外にもゴキブリやネズミ、カラスなど、さまざまな虫や小動物を呼び寄せます。野良猫は狩りをする生き物なので、生ゴミが野良猫の食料を呼び寄せる餌となっているのです。

猫が食べる動物といえばネズミがいちばんに浮かびますよね。もちろんネズミは猫にとって完璧な栄養を備えた食料となっていますが、野良猫はネズミだけを食べているわけではなく、小鳥やゴキブリなども捕まえて食べてしまいます。

ゴキブリなどの虫は栄養価が高く、ネズミや小鳥より簡単に捕まえることができるため、虫が好物の猫も多いです。というのも、猫は肉食動物なので、生きていくうえで動物性のたんぱく質は必ず必要となるからです。




ゴミを荒らされることによって起こる被害

野良猫が周辺に住み着くようになる

ゴミが散乱していると、近場に住む野良猫たちが臭いにつられて集まってくるようになります。

普段は縄張り争いが激しい野良猫でも、ゴミを漁ることで十分な食料が確保できるとなると争う理由がなくなるからです。

野良猫は縄張り意識が強いため、ゴミ収集場を一度縄張りだと認識されてしまうと、追い払うことは簡単ではありません。

さらに、住み着いた猫が繁殖を始めると、どんどん野良猫が増えていくだけではなく、糞尿被害や鳴き声などの被害が拡大していってしまうのです。

また、ゴミが散乱することによって中の臭いが漏れてきて、ハエやゴキブリなどの害虫を多く呼び寄せるようになり、これらの害虫は病気を持っているため、衛生面でも良くありません。

ハエやゴキブリは小さな隙間も通り抜けてしまうので、周辺の家の中にも侵入するようになり、野良猫だけでなく害虫の被害まで広まってしまいます。

家庭のゴミも荒らすようになる

野良猫が住み着いたゴミ収集場の周辺には、野良猫が出歩くようになるため、当然、近所の家にも侵入してゴミを漁るようになってしまいます。

猫は嗅覚が優れているため、臭いでそのゴミの中に食べ物が入っているかどうかを判断し、食べ物の臭いがするとゴミを漁ります。

さらには、家が野良猫の縄張りと化してしまうこともあります。

家庭で出たゴミを一時的に保管するために、裏庭など外に置いている場合は、野良猫が塀から登って侵入してくることがありますので、ゴミを蓋つきのバケツやゴミ箱に入れるなどの工夫が必要です。




野良猫にゴミを荒らされないようにするための対策

ゴミに猫の嫌がるものを入れる

ゴミを出す前に、ゴミ袋の中に猫の嫌いなものを混ぜておくと、猫は嫌がってゴミを漁らなくなります。

ミカンなど柑橘系の皮や乾燥していないコーヒーかす、茶殻を混ぜるのも良いですし、市販の猫避けスプレーをゴミに吹きかけておくのも効果的です。

猫避けスプレーは市販のものだけでなく、ハーブや唐辛子を使って作ることもできるうえに効果も高いのでおすすめです。

猫には嫌いな臭いがたくさんあるため、その臭いをうまく利用すれば猫をゴミから遠ざけることができます。

ゴミの出し方や出す時間を工夫する

ゴミを出す際、簡単にできる対策として、ゴミ袋を2重、3重にするという方法があります。

そうすることによって、猫に破られにくくなるだけではなく、臭いも漏れにくくなりますので、猫が興味を持ちにくくなります。

もちろん、ゴミ袋の口はしっかり縛って密閉するのも忘れないようにしてください。

また、ゴミの回収が来る直前にゴミを出すようにすると、猫はゴミを荒らす暇もないため、より確実に被害を防ぐことができます。

仕事などで直前まで家にいることが難しい人は、時間に余裕のあるときだけでも実践するなどして、できるだけ野良猫の標的になりにくい出し方を心掛けましょう。

生ゴミ用の収集箱を設置する

ゴミ収集場に生ゴミ用の収集箱を設置しておくという方法です。

蓋つきの収集箱であれば、猫はその蓋を開けるような能力はありませんから、確実に被害を防ぐことができます。ただし、ゴミ収集箱の設置は予算もかかることなので、お住まいの地域の自治体で話し合う必要があります。

ちなみに、よく見かけるゴミ収集場にネットをかけるという対策は、実はあまり効果がありません。

石などの重りを置いていても、野良猫は食料を得るためなら網を破ろうと必死になりますし、体の小さな野良猫はネットの隙間をくぐり抜けて中に侵入してしまうからです。

超音波式の製品をゴミ収集場に設置する

猫はとても耳が良い動物なので、人間には聞こえないような高周波数にも敏感に反応します。

超音波式の製品は猫のこの特性を利用したもので、猫が通るとセンサーが作動して超音波を出して猫に恐怖心を与えることができます。

超音波式の製品は、猫避けグッズの中でも効果が高いので、ゴミ収集場に超音波式の製品を設置してガードすることによって簡単に猫を追い払うことができます。

超音波式の製品はホームセンター、ネット通販などで3000円~1万円程度で購入できます。

いろいろな種類のものが売られていますが、ゴミ収集場に設置しますから、防水と防塵性がしっかりしたもので、地面に固定できるタイプのものを選びましょう。

家の前に個別にゴミを出す場合の対策

ゴミ収集場ではなく、家の前に回収しに来るという地域の方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、蓋つきのバケツやゴミ箱を設置してゴミを入れておく方法や、ゴミ袋を置いた上から洗濯かごのようなものを被せておくという方法があります。

ただし、ゴミ箱やかごを被せているからといってゴミ袋の口をしっかり閉じていないと、臭いにつられた野良猫がゴミ箱の蓋を開けたり、かごを動かしたりしてしまうので注意しましょう。

大きな石など重しになるものを上に置いておくと、より安心です。

まとめ

ゴミ漁りは野良猫にとって生きるための行動でも、人間にとっては非常に困ったものです。

放置して置くと野良猫被害が広がる原因になってしまいますので、見かけたらすぐに対処することが大切です。

個人でできることはできる範囲で対策し、お住まいの地域の自治体で野良猫対策について話し合いをしたり、地域でルールを作っておくことも大切です。

<おすすめコンテンツ>

野良猫被害で本当にお困り方必見の猫よけグッズ『番人くん』のページをチェックください。