野良猫による被害に頭を悩まされているからと言って、闇雲に野良猫を駆除することはおすすめできません。

なぜなら「動物愛護法」などの法律が存在するからです。

しかし、野良猫による被害は経済的なダメージだけではなく、精神的なダメージをも多く受けることになります。

そこで一刻も早く野良猫の被害を解消したいと言う方のために、効果が高い野良猫を駆除する方法を深掘りしていきたいと思います。




野良猫による被害と駆除に関する法律

野良猫がいる地域で起こりやすい被害

野良猫に庭を荒らされる、糞尿をされる、発情期の鳴き声、車やバイクに傷をつけられる、といった被害を受けている方は多くいらっしゃることでしょう。

このような被害を受けると不愉快な気持ちになり、ストレスも溜まりますよね。

また他にも、住み着いた野良猫が勝手に子供を産んでいたり、ノミやダニ、感染症をうつされるなどといった心配もあります。

野良猫は自分に都合のいい場所があるとそこを住処にします。一度気に入るとなかなかその場所から離れようとしないので、追い出せず困っている方も多いのではないでしょうか。

さまざまな問題を引き起こす原因にもなりかねない野良猫被害ですが、一体どのような方法で駆除すれば良いのでしょう。

野良猫を駆除する際にしてはいけないことが法律で決められている

そもそも「駆除」とは害になるものを追い払うこと、または殺して取り除くことです。

ゴキブリやネズミ、スズメバチ、イノシシなどは駆除してもよい害虫や動物ですが、猫は違います。

駆除してよい動物と駆除してはいけない動物が「動物愛護法」と「鳥獣保護法」によって定義されているのです。

野良猫を駆除したいからといって、石を投げたり刃物で殺傷したりする行為や、毒薬やタバコを食べさせるなどといった行為をすると、動物愛護法に違反することになります。

「知らなかった」や「バレなければ大丈夫」といった言い訳は通用しません。

野良猫の被害を受けた被害者が動物殺しの加害者となってしまうことは絶対に避けなければなりません。

ですので、野良猫を駆除したい場合は、動物虐待にならない方法を選ばなければならないのです。

保健所に駆除してもらうことは出来る?

結論から言うと、保健所は野良猫の「捕獲」や「引き取り」はしてくれません。

動物愛護の考えから、駆除目的での猫の引き取りを断る自治体がほとんどです。

捕獲や引き取りをしない理由としては、その猫が野良猫か飼い猫か判断が難しいからという理由がいちばん大きいです。

住民から野良猫の被害を相談され、捕獲した後に飼い主が現れたらどうでしょうか。さらに捕獲後、殺処分でもしてしまったら取り返しのつかないことになってしまいます。

しかし、保健所に行くことが全く無意味ということではありません。野良猫被害の相談には応じてくれるからです。

近所に野良猫にエサを与えている住民がいるような場合でも、保健所に相談すればその住民に保健所の人が警告してくれます。

状況に応じて保健所を有効的に活用しましょう。




自分で野良猫駆除を行う方法

では実際に野良猫を駆除する具体的な方法をみていきましょう。

猫が敷地内に入って来たらすぐに追い払う

とにかく猫に嫌な経験をさせることが大事なので、猫が来たらすぐに追い払い、猫が自ら近づかなくなるように仕向けていきます。

猫は濡れることが嫌いなので、猫が現れたらホースや水吹きで水をかけたり、あらかじめ建物や地面に水を撒いておくことも効果があります。

その際、水に柑橘系のオイルを垂らしておくと、より効果的です。

また、大きな音も嫌いなので、ブザーなどで驚かすのも良いでしょう。

1日中猫が来るのを見張ることは難しいかもしれませんが、家にいるときはなるべく猫に注意して追い払いましょう。

猫は必ず異変に気付くので警戒するはずです。

忌避剤や猫が嫌うものを効果的に使用する

猫避け対策グッズとして知られている忌避剤は、猫の嫌いな臭いで猫を近づけないようにするという方法です。

猫は嗅覚が優れているので、強烈な臭いに驚いて逃げることがあるのです。

忌避剤はさまざまものがありますが、効果があると言われているものを挙げてみます。

  • 市販の忌避剤
  • 木酢液
  • 食用酢
  • ニンニクやカレー粉など刺激的な食べ物や香辛料
  • ミカンなど柑橘類の皮
  • 香りの強いハーブ類、アロマオイル
  • コーヒーかす、茶殻(乾燥していないもの)
  • 重曹

これらを猫がよく通る場所や糞尿をしている場所にまいておきます。

猫が臭いに慣れると効果が薄れることがあるので、時々忌避剤の種類を変えることがポイントです。

しかし、持続性が低く、雨や風によっても効果が薄れてしまいますので、こまめにまくことが大切です。

猫避けグッズの中で効果が高いものはあるの?

数多く販売されている猫避けグッズの中で、最も効果があるものは超音波式の製品です。

これは、猫が通るとセンサーが作動して超音波を出すというもので、猫に恐怖心を与えることができるため効果が出やすいのです。

通販やホームセンターなどで3000円~1万円程度で購入できます。

少し高いと感じる人もいるかもしれませんが、猫が通る場所に設置するだけで良いことと、猫を傷つけずに追い払うことが出来るので、低価格のグッズをいくつも試すのであれば、効果の高い超音波式の製品を購入することをおすすめします。

<おすすめコンテンツ>

野良猫被害で本当にお困り方必見の猫よけグッズ『番人くん』のページをチェックください。

とにかく猫が嫌がることを繰り返しやり続ける

猫は場所に対する執着心がとても強い生き物です。一度縄張り決めると、そう簡単に諦めることをしません。

そこで大切なのは「猫が嫌がることを繰り返して教える」ということです。

上記以外の対策として、物理的に猫の侵入を防ぐため、花壇には支柱を立ててネットを張って猫の侵入を防ぐというものがあります。

庭に大きな石やアルミホイルなどを敷いて猫が歩きにくくしておく、サボテンなどトゲのある植物を植えることもおすすめです。

猫避けとしてよく見かける「とげとげシート」は、塀の上など猫が跳び超えられない幅に敷くのが効果的です。

猫にトイレとして使用された場所には、臭いを消した上で、植木鉢やとげとげシートなどを置き、トイレとして使用しにくいようにしておきましょう。

これらはホームセンターで入手でき、手軽に設置することができます。あわせて、猫が漁るような生ゴミは庭に置かない、定期的に庭の物の配置を変えるといったことも大切です。

すぐには効果が出ず、根気のいる大変な作業になるかもしれませんが、猫が嫌がることを継続していれば、しぶとい猫も諦めるようになります。

ただし、猫を追い払う際はくれぐれも猫に直接被害が及ぶ方法は取らないようにしてくださいね。

地域に住む人たちで出来る野良猫対策

家などの敷地内だけでなく、その地域全体に野良猫が住み着いている場合があります。

そういった野良猫の被害を減らすためには、野良猫そのものを減らす取り組みも必要です。

猫は繁殖力が高く、一度の妊娠で1~5匹の赤ちゃんを出産します。

繁殖を阻止するために出来ることとして、「野良猫にエサをやらない」「猫を室内で飼うようにする」「飼い猫も出来るだけ去勢避妊手術をする」などがあります。

また、「地域猫活動」といって地域で管理されている猫もいますので、猫が好きな方はそのような活動に参加するもの良いでしょう。

地域猫と野良猫の違いは、去勢不妊手術を済ませていて、決められた時間に餌を与えているということです。

活動内容はお住まいの地域によってさまざまですので、自治体に問い合わせてみてください。

このように、野良猫の駆除と言ってもさまざまな方法があることがお分かりいただけたと思います。猫や環境によっても効果に差があるものもあります。

野良猫は、法律にもとづいて適切なかたちで扱わなければなりません。お住まいの地域や環境によって適切な方を選んで対策してみてください。

<おすすめコンテンツ>

野良猫被害で本当にお困り方必見の猫よけグッズ『番人くん』のページをチェックください。